mattintosh note

どこかのエンジニアモドキの備忘録

2024-06-05: 現在ホビー関連の記事を 新しいブログ に移行しています。

充電式エアブラシSOUL POWER TYPE-04でプラモデルの塗装をしてみた

充電式エアブラシSOUL POWER TYPE-04でプラモデルの塗装をしてみた
充電式エアブラシSOUL POWER TYPE-04でプラモデルの塗装をしてみた

先日、塗装ブースを自作したので早速塗装してみました。

mattintosh-note.jp

塗るのはだいぶ前に買って手を付けてなかったポケプラヤドン

何色にしようかと考えていたのですがバレンタインも近いし(?)チョコレート色にでもするかとフィニッシャーズのチョコレートを買ってきました。

とりあえず部品をランナーから切り離して持ち手を付けていきます。ここで失敗したのが説明書をよく読まなかったため、最初から接合しておけるパーツがあることを見落としていました(胴体や尻尾は最初からら接合しておいて問題なかった)。このせいで合わせ目の辺りの塗装が甘くムラが出来てしまいました。次回からは気をつけたいと思います。

プライマーを塗ってから順番に塗装。サフはどうしようかなと思ったのですが作業時間が伸びるので使用しませんでした。一通り塗ってあとはつや消しです。

つや消しも吹いて乾いたのでいざ組み立てとなり説明書を見たところなんか部品が一つ足りないような…。ゴミ箱に捨てたランナーを見てみると歯の部分だけ切り忘れていました。塗らない部品だったのでむしろ良かったかも。

というわけで充電式エアブラシを使った第一弾のプラモデルが完成。手足と尻尾は胴体で余ったフィニッシャーズのチョコレートにホワイトを混ぜたんですがなぜか薄い茶色にならずにピンクになってしまいそのまま塗ったらなんかネズミっぽくなってしまいました…。

ポケプラねんどろいどと合わせるとちょうど良さそうなサイズですね。

目のパーツは元々白い成型色で一応白は塗ったんですが意味合ったんだろうか…?黒目と鼻の部分はエナメルを使って墨入れしました。実際組んでみると合わせ目の部分って塗りが甘いと結構目立つんだなぁ。

充電式エアブラシSOUL POWER TYPE-04でプラモデルの塗装をしてみた
充電式エアブラシSOUL POWER TYPE-04でプラモデルの塗装をしてみた

胴体については合わせ目付近以外はまぁまぁよく塗れたかなと思います。

充電式エアブラシSOUL POWER TYPE-04でプラモデルの塗装をしてみた
充電式エアブラシSOUL POWER TYPE-04でプラモデルの塗装をしてみた

使った塗料はなんか知らんけどトップコート以外は全部フィニッシャーになってしまいました。前回のガレキ制作時にまったく使わなかった色なんですけどね…なぜかどんどん増えていく。

左から

  • クレオス つや消し
  • フィニッシャーズ ファンデーションピンク(舌の部分に使用。瓶生)
  • フィニッシャーズ チョコレート(体に使用。瓶生)
  • フィニッシャーズ レモンイエロー(唇にホワイトと合わせて使用)
  • フィニッシャーズ ファンデーションホワイト(白目部分に使用。手足、尻尾にはチョコレートと混ぜて使用)

充電式エアブラシSOUL POWER TYPE-04でプラモデルの塗装をしてみた
充電式エアブラシSOUL POWER TYPE-04でプラモデルの塗装をしてみた

ちなみに前回工作室をお借りして作った初のガレージキットの記事はこちらです。

mattintosh-note.jp

mattintosh-note.jp

充電式エアブラシには SOUL POWER TYPE-04 を使用しました。私自身は模型ド素人でエアブラシ塗装も前回のガレージキット制作時に初めて触ったのであまり詳しいことは言えませんが素人の感想を書いておきます。

重さは特に気になりませんでした。工作室で使っていたエアブラシはちゃんとしたやつなのですが、ケーブルの重みもあったのでそれと比べるとあまり差は無いのかも?

圧は一応 0.048 MPa くらいなのですがポケプラを塗るのに不足しているというのはあまり感じませんでした。小さいパーツであれば低圧では難しいらしいツヤを出す塗装もできることにはできました。工作室では 0.1 MPa くらいでやったのでむしろ圧が下がることによって「あ、これ希釈が足りないな」ということに気づくことが出来たりもしました。

タンクがあるのでちょっとエアブラシの先端が内向きになるので「なんか狙ってるところに当たってないな?」と思うことはありました。

バッテリーは 4 回くらい交換しました。予備バッテリーが標準で付属しているので塗っている間に充電をして「充電が終わらなくて塗れない」というようなことはりませんでしたが、(私が塗るのが遅いのかもしれませんが)連続 30 分も使えないような…?

充電式エアブラシSOUL POWER TYPE-04でプラモデルの塗装をしてみた
充電式エアブラシSOUL POWER TYPE-04でプラモデルの塗装をしてみた

初めてのエアブラシを使ったプラモ塗装で反省するところはありますがなかなか楽しかったです。

充電式エアブラシSOUL POWER TYPE-04でプラモデルの塗装をしてみた
充電式エアブラシSOUL POWER TYPE-04でプラモデルの塗装をしてみた

のちのち調べてみたところ RAYWOOD の PROFIX TR-02 PRO の方が圧が若干高くスペック的にも良かったかなぁと思いました。(こちらは予備バッテリーは付属していないので別途購入が必要です)

ちなみにヤドンの手足と尻尾は翌日塗り直しました。